パン以外でも様々なイラスト描いております!!描くのも食べるのも大好きです♪


by サト
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:絵日記( 61 )

エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月5日(木曜日)


ポカラ初日の夕飯はチベット鍋。
チベット鍋の予約は2時間前にはしなければならばい。
準備があるのだろう。

店に入ると薄暗い店内には8名ほどの日本人の団体客がいるだけであった。
ささやくような声でも日本語だとよく耳に入ってくる。

3人で写真を撮ったりしているうちにチベット鍋が運ばれてきた。
せっせと描きはじめると、せっせと食べ始めた友人たち。
し、しまった! 鍋物で出遅れると具材が無くなる可能性がある。
のんびりしておれん!

超簡単に絵を描き
自分の鍋の具材Getに焦るワタクシである。
a0215666_1092666.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-29 10:09 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

なかなか進まないネパール旅日記ですが、ようやく話を進めます!

同行の友人たちとはいったんホテルで別れ、夕飯までの2時間ほど散歩にでる。
フェワ湖のほとりまで歩いていくと、暇そうなお兄さんがたくさん(?)寄ってくる。
ただのんびり散歩をしようと思っていたのだが、とんだことになった。
ぞろぞろ歩いちゃってるよ。
(ここ、モテると思ったら間違いで、彼らは人と話をするのが好きなんだと思う)

「ちょっと悪いけどさぁ~、一人でぶらぶら散歩したいんだよね~」
と言うが全く無視して「チャアを飲め」とか言ってる。
夕飯が近いからいらないと断ると、湖畔の屋台(というのかな?)で各々チャイを買って飲んでいた。
お茶するのが好きなんだね~
a0215666_22435639.jpg

↑夕陽の美しいフェワ湖。しかし静かに眺めさせてはくれんかった。ホテルから眺めるとするか!

しばらくは「ボートに乗れ」とか「歩かないで座れ」とギャーギャー言っていたが、無視していたらだんだん数が少なくなってやっと静かになってきた。
結局、深い意味はない会話を続けて湖畔での時間は終了したのだった。
まぁ現地の人と触れ合えたし、こんなのもありだよね。 写真だけ撮ってもらってバイバイする。

さてこのあとはお楽しみのチベット鍋だぁ!(おいしいらしいよ!)
次回につづく・・・
[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-21 22:51 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

ホテルまでの道のりには多くの飲食店があるが
ほとんどの店が閉まっていた。
a0215666_13174634.jpg


TATOOかぁ、衛生面はどうなんだろう。。
a0215666_13131278.jpg


ホテルは中級クラスの美しいホテルだ。
友人たちの配慮で最上階の湖側の部屋を一人で使用することに。
(このときまで一部屋だと思っていなかった。一人で使うなんてリッチだ!)

友人の話だと暖房付きの部屋で一人一泊15ドルとのことである。
暖房とは助かる!
しかし部屋が広いためなのか何が悪いのか暖房が全くきかない。
やけになって30度の高温設定にしてみるが弱々しい風がくるばかりだ。
エアコンちゃんよー、ネパールの人ぐらいアツくなってみろってんだよー。

バスルームが、これまた無駄に広い。
バスルームには小さな窓がついているのだが、換気のためなのか網戸のみである! 
夜寒いんじゃないかなぁ


それから隣の建物との距離がなぜか30センチほどしかない。
こんなにのんびりしているポカラで、この密着度はどういうことだ!
部屋の窓から見下ろしていると、隣の建物の屋上にいるお兄さんと激しく目が合う。
やばい、美女がいるのがバレてしもうた。(・・?)
a0215666_13275967.jpg


ブルーポップHPも、見てね♪
[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-16 13:35 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

PM2時頃、バスはポカラへ到着。
湖のほとりの静かな町だ。

バスの停留所まで迎えがくると思っていたのだが、どうも無いらしい。
荷物を持ちホテルまでの約30分をのんびり歩く。


頭上にはたくさんのカラフルな5色の旗「タルチョー」がハタめいている。

5色の旗には経文が書かれているのだそう。
それぞれの色には意味があって
青=天、白=風、赤=火、緑=水、黄=地を表現しているんだって。


青い空に揺れる旗が美しい。
ガイドブックによると旗を飾りそれが風になびく度に、読経したことになるのだそうだ。
たくさんハタめかせたくなっちゃうネ
a0215666_1671148.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-11 16:33 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

グリーンラインというバスでカトマンズからポカラへ向かっている。
ガイドブックによると、バスの所要時間は7時間と書いてあるが
途中立ち寄るランチタイムも含めた時間であった。

静かな山あいの建物でのランチタイム。

↓ランチはバイキング。
ひととおり取ると、基本的なダルバートが完成した。
a0215666_11192123.jpg


↓バイキングの給仕をしてくれていたナイス笑顔の人たち
「ナイスフォト」を連呼し親指をたててばかりのワタクシである。
a0215666_11224070.jpg

a0215666_1123790.jpg
a0215666_11232541.jpg


[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-10 11:25 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

やたらにゆっくり進むブログであります。
コアなファンのあなた、お待たせしました!

何日かけて旅しとんねーん! いやしかし、
旅の思い出というのは、普段の生活に戻ってしまうと勢いが失せてしまいますね。
まさに生もの。 このブログも先を急ぐことにします。(じゃないと着かない!)


ポカラへ向けてバスは走る。
途中トイレ休憩でバスを降りたときに、ネパールを知り尽くす友人から、
「トイレにゴミ箱があるときは、ティッシュは水と一緒に流さずゴミ箱へ捨てる」 だとか、
「ゴミ箱がない場合はティッシュを使わない」などといったネパールならではのトイレ事情を知る。
しかし、ティッシュなしのトイレというのは全く馴染みがないな。


トイレ休憩の場所でおいしいチャイ(無料)と、
ちょっとした食べ物(有料)をとる。

↓丁寧にチャイを入れてくれている。
a0215666_2313764.jpg


山の空気の中で食べるそれらはとてもおいしい。
この旅の中で幾度となく料理に入っており、すっかりファンになったコリアンダーがうまみをさらに増しているように思う。
ちょっとしたおかず(40ルピー)を早業のように胃におさめる。
あーいいなぁ。 おいしいなぁ。 異国だなぁ。
山に向かって「ありがとー!」 心の中で叫ぶ。


↓ネパールの人たちが固まってうずくまっている姿をよく見かけた。日本の人よりも小柄でスリムなネパールの人がうずくまって座っていると、とても小さく見える。
そしてまた、そらせもせずじーーっとこちらを見ている姿も印象的であった。
a0215666_2372563.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-09 23:12 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

ポカラ行きのバスは7時発とのこと。
a0215666_13593065.jpg


ポカラへは、カトマンズから5時間の長距離移動。 食料が無いことが気にかかる。
バス停留所の近くの小さなパン屋さんで、ココナツパンをGET。
バス乗車後さっそく食べきってしまった。
a0215666_1421943.jpg


流れる景色は誇りっぽいブラウンから、山々のグリーンへ。
揺れは思ったほど激しくない。
しかし、車内はとても冷える。 
エアコンを入れてくれているが、頭ばかり温風があたり足元には感覚がない。


ゴロゴロゴロ・・・。 
運行中、スタッフ(?)のお兄さんから各々に一本ずつペットボトルの水が配られる。
(ゴロゴロゴロは座席にペットボトルが投げ入れられる音である)。
配られた1リットルの水は、バス料金に含まれているのであった。
長旅だものね~!


あっという間にうつりかわってゆく景色。

山から流れる滝にも見える霧は、朝日があたって幻のように美しい。
またも感動である!
a0215666_1465445.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-03 14:06 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月5日(木曜日)

今日は朝早いバスに乗り、5時間かけてポカラまで向かう予定。
5時半に目覚ましをかけ、女性3名で各々準備をする。

6時。ホテル1階の食堂はもちろんまだやっていない。
ネパールティー(チャイ)を一杯お願いし、3人で割合無言のまま飲み干す。
お・い・し・い!
a0215666_10292093.jpg


ネパールのチャイはとっても甘い。
ときどき外国人(ワタクシです)向けに砂糖を少なくしてくれる店もあったようだが、この甘いチャイには今回の旅で激しく魅了されてしまった。
以降、旅の途中何杯のチャイを飲んだか不明である!
・・・しかしチャイの絵はどれも茶色の同じモノになってしまうのである。


ネパールの人は一日2食と聞いたが、
朝は甘いチャイを飲み、ひと仕事してから10時頃朝ごはんをとるようだ。
確かにこの甘い飲み物は腹持ちしそうだ。


日本にいるときには、朝昼晩常におなかを満腹にしているワタクシ。
ネパールにいる少しの期間で、自分が朝食なしでもイケルことが判明した。
・・・人間は環境に瞬時に対応することができるんだなぁ!

しかし普段は食べすぎているということになるのかなぁ。


↓ネパール朝の風景
a0215666_1031712.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-02-01 10:31 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月4日(水曜日)

海外に不慣れなワタクシ。
バージン国であるネパールでの行動などたかが知れている。

ひとつ、ひとつと路地を曲がるたび、ものすごいことをしている気になってくる。
小さなことがうれしくてたまらない。
トラックの荷台に乱雑に積み上げられた荷物、デコボコの悪路(バリアフリーって何?)、埃にまみれた暗い道。それなのに町は活気に満ち溢れている。
そこら辺を行く人は日本人と知ればすぐ客引きしてくる。言い値の10分の一までは確実にさがる店の商品。怪しすぎるゾ!(笑)

こんな異国を歩けるなんて夢をみているみたい。
どうしてここに来ちゃったんだろう!(もはや危険な意見である)


ネパールではじめて購入したのは”水”。家族でやっている小さなお店で買った。
1リットル20ルピー。サイズはひとつ。
こんな小さな商店でお菓子を売っているだけで家族を養っていかれるのだろうか。。。

以降、ワタクシカトマンズにいるときには、水やお菓子はこの店で買い物をするのであります。
写真はそこのオジさん。やさしい笑顔で嬉しくなった。
a0215666_18513714.jpg



友人たちとは道端で会った。
知った顔が異国を歩いていることが私にはとても新鮮にうつる。

そのあとは待ってましたの夕飯~ッ!
↓ネパールのはじめての夜。この国の主食である「ダルバート」を食べる。
ネパールを愛する友人たちが食事をしながら「これは○○だよ」と教えてくれる。話しながらも、ものすごいスピードでダルバートたいらげる友人2人である。
大人だけで過ごす静かな夜なんて久しぶり。すごく贅沢をしている気分。


よく停電するネパール。
ささやかな電灯の下で食べる夜ごはんは、とても新鮮な気分にさせられた。
a0215666_1982997.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-01-26 19:16 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪

2012年1月4日(水曜日)

フジホテルには夕方5時頃チェックインし、ようやく一息。
ホテルにも日本語が話せる人がいる上、小さなロビーで休んでいる人たちの中にも日本人がいる様子。ほ~ッ。

ここのホテルで落ち合う予定の友人から「少し町に出ているから2時間ほど出ているよ」との嬉しい日本語メッセージを受け取り、宿泊する2階の部屋へ向かう。

すごく汚いホテルを想像していたのだが、以外にもこざっぱりとしていて驚いた。
部屋は3つのシングルベットがあり、私にぴったりの窓側の場所が残っている模様。うれし。

トイレとシャワールームがついていて、お湯も熱いのが出る。(出るまでの時間はスゴクかかる)
a0215666_212818100.jpg



友人たちのメッセージによればあと1時間ほどは外出する時間がありそう。
散策したい衝動にかられて、ホテルマンにカギを預け外へ。
(はじめに部屋をでてドアの鍵をかけるとき、何度やってもうまくかからずガチャガチャうるさかったので、ホテルの人が駆け寄ってきた。・・・なんだか、最近では見ないとてもレトロな鍵だったのです。)


夕暮れ迫るカトマンズの町。
町を歩けることがうれしい。異国の人とすれちがうことがうれしい!(このときは日本人まるだしで歩いていたはずだ)

小さなお店は、外が多少暗くなっても明かりをつけなかったりする。停電もこの国では日常的なことだそう。
日本では昼間でもたくさん明かりをつけているけれど・・・。
a0215666_2128455.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-01-24 21:35 | 絵日記