パン以外でも様々なイラスト描いております!!描くのも食べるのも大好きです♪


by サト
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:絵日記( 61 )

ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月9日(月曜日)

AM10:45
バスを途中下車し、ものすごく早めの昼ごはん。
朝食をみかんのみにしていたので、おなかは心地よく空いている。
〔行きと同じメニューであるが、すっかりダルバートのファンになった私には嬉しい〕
a0215666_106859.jpg

〔今回の旅で、この甘いチャイのファンにもなった〕
(inITALYはご愛嬌ということで・・・)
a0215666_109166.jpg

45分ほどでランチをとった場所から出発。
案外のんびりはできないのだ。ささっとトイレを済ませバスに乗り込む。

流れていく景色はどれも茶色く、かすんで見える。
すごく豊かではないと思うけど、どの家も「生きている」という力強さを感じた。
〔ほんとうの豊かさって何だろうと考えさせられます〕
a0215666_10192432.jpg

〔この国では人がいつも固まっているイメージがある〕
a0215666_1024385.jpg

〔階段好きにはたまらないステキな階段が!バスを降りたかったです〕
a0215666_1012023.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-08 10:21 | 絵日記
ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月9日(月曜日)

AM5:45起床
昨晩はホテルをかえて泊まった。
部屋が小さいためなのか、友人と同室で室温があがったのか、温かくぐっすり眠れて具合もすっかり良くなった。
ツインの部屋で友人Cさんとおしゃべりがとまらず、楽しい時間をすごした。

AM6:30
2人の友人たちは私の出発よりひと足先に出かけて行き、ここで2人とはバイバイ。
〔ポカラの町ともここでさよならです〕
a0215666_9513090.jpg

〔何ができるのかと思ったら・・・〕
a0215666_9521739.jpg

〔こんな建物が建つ予定?みたい。ずっと先なのかな〕
a0215666_1062566.jpg

私はAM8:00発のグリーンラインという、行きと同じバスに乗り一路カトマンズへ向かう。
ここからは一人旅、少し緊張気味である。しかしこの緊張感も何か楽し!なのです。
〔朝のお掃除〕
a0215666_9544792.jpg

〔バス乗り場の人と〕
a0215666_9561547.jpg

バスは出発した。思ったよりも乗客が多い。
また行きと同じように1リットルの水が配られた。
しばらく起きていたが、ガタゴト揺られているうちに眠りに付く。
〔たくさんの商品を一気に運びます〕
a0215666_9575662.jpg


〔バスは休憩所についた。小さな子どもがバスに寄ってしきりに何かくれと叫んでいる〕
この光景は何度か目にした。欧米の人がチョコや小銭を笑いながら投げていて、胸が痛くなった。一時のよろこびと成功で、また子どもたちは物を請うと思う。でもそれをやめることはできないし攻められるわけもない。ただたまたま通り過ぎた旅人がこの光景を目にしただけで、彼らは普段どおりに過ごしているだけだもの。
a0215666_9593131.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-07 10:05 | 絵日記
ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月8日(日曜日)

友人たちより数時間早くホテルへと戻る。昨晩の体調不良の影響かひどく眠いので部屋で休むことにする。
ホテルのオニーヤンから鍵を受け取り部屋へ行くと、入り口のドアノブがスカスカ回る状態である!

うーーむ。こんなことがあるんだなぁ。
ホテルのオニーヤンに言うと、今まさに鍵屋がホテルに向かっているとのことであった。(日本のピザ屋じゃあるまいし)

鍵の閉まらぬ部屋でしばしうつらうつらしていると(するな~~ッ!!)
ドアをノックされ、ホテルの人含めオニーヤンが3人も来た。

ポロっとドアノブを外しガチャガチャっとすると終了。
この作業、超簡単。またスグ壊れるんjじゃないかナ。
〔ドアノブって簡単に取れるもんだね!〕
a0215666_9433139.jpg

〔鍵直しチームとともに。〕
a0215666_9451966.jpg


PM5:30
しっかり睡眠をとったワタシと友人たち合流。
皆で夕飯をとりにいく。
今晩はThakari kitchenというレストランでダルバートを食べる。
〔薄暗いが雰囲気ある店内でとるダルバート。またしてもおいしい!〕
a0215666_9532388.jpg

そしてまたしても友人たちはよく食べるのであった。しかも食事スピードが早い。(細いのになんでだよー)
食事のイラストを描いていたら大変な遅れようであった。
でもこうしてイラストを見ていると、あのときの味がよみがえってくる。
またあのダルバートが食べたいなぁ。
[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-06 09:48 | 絵日記
ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月8日(日曜日)


ホテルを変更したあと、再び3人で先日訪れた工場へ。
私も試作品の話などさせてもらった。
この話は結局無かったことになったのであるが、有意義であった。
この場所まで連れてきてくれ、通訳してくれた友人に感謝。。

PM2:00
友人たちとは工場で別れた。手持ちのお金が減ってきたので換金をすることに。
どこにでも換金してくれる場所があると友人から聞いたので、町の中をウロウロ探す。
見つけた一軒の小さな換金所のニーヤンに言うと、看板に書いてあるルピーよりも低い金額を出してきた。
「書いてあるものと違う」と言うと首を振られたので換金をやめることにした。
目の前の建物に事務所がある、とお金を持って歩いていくニーヤン。
万札持ってそのまま戻ってこないかとおもた。。
〔換金所で待たされた。〕
a0215666_10173191.jpg

ホテルへは歩いて30分だということだったので、しばし歩く。
陽射しも照り付けてきて汗ばんでくる。
〔途中にあった公園。卓球台がある!小さな娘がいるので公園などは興味深い。〕
a0215666_10193712.jpg

〔このレンガで作るとモロモロの建物が仕上がりそうだ〕
a0215666_10201117.jpg

〔足場が弱々しくかんじるのだが・・・〕
a0215666_1021978.jpg

〔道に牛がデーンと座っている〕
a0215666_10214690.jpg

以前はバナナやみかんなど自然のものを食べ、ゴミを川に捨てても自然にかえっていたらしい。今は、以前のように自然にかえらないプラスチックの袋や容器に入ったものを食べ、そのまま捨ててしまうので川にゴミがあふれているのだそう。自然にかえらないものを使っていることを知らなければならないね。。
〔川はゴミ捨て場のようになっていてすごく汚れている〕
a0215666_1025413.jpg

〔増築を待つ家。お金ができたら上に階を増やすのだそう。おもしろい!〕
a0215666_10263742.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-05 10:26 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月8日(日曜日)

AM6:30起床
エアコンを最強にして朝まで眠ったらだいぶ身体も快復してきた。

友人Cさんと気分転換に表へ出る。(朝食TIME)
昨晩何かを見た(怖)Kさんは朝食はいらないとのこと。
うーーん、あの気分の悪さは何だったんだろう。
〔昨晩と同じ日本食レストランへ〕
a0215666_226345.jpg

AM10:30
Tbird Poleホテルをチェックアウトし、マウンテンホテルへチェックイン。
ここは昨晩と今朝食事をとった日本食レストランの横にあるホテル。
こちらだと、今までよりもぐっと安く半額ほどで宿泊できる。
〔探せばいくらでも出てくる安い宿。シャワーもついて問題なし!〕
a0215666_21581225.jpg

〔、ホテル前からみた風景〕
a0215666_2244393.jpg

〔ポカラは観光の町。旗が道沿いにゆれている〕
a0215666_9191244.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-03 22:04 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月7日(土曜日)

ポカラでの夕食は、日本食レストランへ。
〔日本食はどんなもんだ、と思ったけど案外イケます。〕
a0215666_16271190.jpg

ホテルへ戻り各自の部屋へ。
一日が凝縮しエキサイティングしたので、なにか落ち着かず寝付くことができない。

夜、身体が寒くなり体調が悪くなった。
部屋がかなり冷えるのでエアコンの設定を30度という最強設定にする。しかし何も変化がない・・・。

夜中に体調の悪さはピークになり、ホテルの人に毛布を持ってきてもらう。
旅の友、Kさんがたまたま内線をくれ、体調の悪さを伝えると貼るカイロ、ポカリ、アイマスクなど持って来てくれた。体調は思わしくなかったが心はあたたかくなる。

カイロなや増えた毛布のおかげで少しずつ身体は暖まった。
テレビを付けたり消したりして夜が明けた。


旅先でも枕が変わってもぐっすり眠れる私だが(眠りに関しては強いのダ!)
ここの広すぎて硬すぎるベッドだけは私を眠りに誘ってくれなかった。

友人Kさん曰く、”何か”が住んでいるらしいこの中級ホテル。
この日をもって安宿に換えることになった。
〔こちらで使われているホウキ。やわらかくしなって使いやすそう。〕
a0215666_16394871.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-03 21:36 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
ネパールの旅 5日目 ポカラへ戻る
2012年1月7日(土曜日)

2時間ほどバスに揺られ、ポカラに到着。
ものすごく激しいアトラクションでも、ここのバスには敵うまい。
フラッフラである。

友人Kさんがダルバートの皿が欲しいとのことで金物屋さんをウロつく。
どの店も天井まで品物がぎっしり積み上げられていて物が増えゆくよろこびや豊かさを感じる。
〔所狭しと並ぶ商品。物価は低いが案外値切ってくれない〕
a0215666_19273891.jpg

〔食材が豊富で、日本とあまり変わらないゾ〕
a0215666_19195151.jpg

〔ネパールの食事にはカリフラワーがよく出てきた気がする〕
a0215666_19213027.jpg

〔すてきな色合い〕
a0215666_19243917.jpg

金物屋さんで、日本語(すこしなまっていた)を語るオジサンに会う。
以前、日本に何年か住んだことがあるとのことだった。
人懐こくすてきな笑顔のオジサンだったので、記念に写真を撮らせてもらう。
〔ここで別れてしまうのが悲しくなるほど親切で世話焼きで世話好きな人が多い〕
a0215666_19321561.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-08-30 19:32 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
ネパールの旅 5日目 デウラリからポカラへ
2012年1月7日(土曜日)

〔カラフルな洗濯物が気持ちいい風に吹かれていた〕
a0215666_1654517.jpg
a0215666_16542364.jpg

デウラリの滞在時間はとても短かかった。
持参していたネパール会話帳で、村の娘さんに単語を繰り返し教わっていたら
3時頃にはもう帰りのバスが来て、あわただしくサヨナラとなった。
〔いつかまた出会うことがあるだろうか〕
a0215666_16524782.jpg

帰りのバスは、山から下る分だけ行きのバスよりもスピードが出ており、右へ左へ上へ(!)と激しく身体が揺れた。バスの窓も私の横のモノは割れており、隙間風と砂埃とまぶしい日差しがいっぺんに入ってくる。景色がぶれ視界はグレーである。
〔ピントが定まるはずもない〕
a0215666_16582048.jpg

〔帰りのバスでも大きな荷物(木とか草です)が車内へと積み込まれた。〕
a0215666_1723556.jpg

〔運転手さんと友達なのか何か楽しそうなのだ〕
a0215666_1785853.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-08-29 17:09 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
ネパールの旅 5日目 デウラリ
2012年1月7日(土曜日)

うちのコーヒーが一番だというオッチャンの家から、
Cさんが住んでいたという家へ歩いて戻る。
〔友人が働いていたという場所からのぞむ風景。絶景です〕
a0215666_2313599.jpg

〔階段フェチとしては外せない階段発見〕
a0215666_2311849.jpg

高い山の上なのに、突然ちょっとした町があって商店があって驚く。
黄土色の土の道を歩いていく途中、女性陣が自分の家の庭先に座り込んでいた。
(なにかこちらの人はしゃがみこむ姿を多く見かける)

ネパールの言葉を話す友人がひとつ訪ねると、それが大事になり
あーでもない、こうでもないと、皆で話し笑いあう。
なにかほのぼのとしている。

私は何気ないこの出来事に感激してしまった。
こういう”ザワザワ感”をこの国のこの町の人たちは楽しんでいる。
自給自足の暮らし。物は少ないが家族は寄り添って暮らしている。
日本に住む我々が、あえて突き放そうとしているものなのかもしれない。
日本の少し前の姿をここでも見た気がした。
〔すぐざわざわする面々、写真とってくれてアリガト〕
a0215666_23115967.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-08-22 23:14 | 絵日記
エキサイティングなネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
ネパールの旅 5日目 デウラリ
2012年1月7日(土曜日)

そのあと、近所のコーヒーを作ってくれているおっちゃんが、
自分の自慢のコーヒー畑でとれたミルクたっぷりコーヒーを淹れてくれた。
薄暗い家の中で、あたたかいコーヒーをすする。

チャイと同じくらい甘く仕上げてある。
味覚がダメなのか、味覚の感覚がなくなるくらい甘いのかは不明だが、
私にはチャイとの区別がほぼつかなかったのであった。カナシ。
〔水牛ミルク入りコーヒー。日本で同じ味のもを飲めるかどうかは不明だが現地でおいしく頂いた〕
a0215666_2232406.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-08-17 22:32 | 絵日記