パン以外でも様々なイラスト描いております!!描くのも食べるのも大好きです♪


by サト
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ネパールの旅(51) 8日目 カトマンズ その7

ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月11日(水曜日)

AM7:00起床。
ネパール最終日。日本へ帰る日がいよいよやってきた。
〔それにしてもこのごろ眠りすぎの私である〕
a0215666_1053282.jpg

近所のGAIAレストランでチャイを飲む。この朝ごはんスタイル好きだなぁ。
〔このチャイとももうすぐお別れ〕
a0215666_10114646.jpg

AM8:30
歩いてダルバール広場へ。
〔こんな路地を歩いていく〕
a0215666_10125290.jpg

〔道はあまり良くない〕
a0215666_10141216.jpg

〔生きるって、生きているものをいただくということだ〕
a0215666_1017118.jpg

ご飯前のひと仕事なのか、道には露店がいっぱい!活気にあふれている。
〔カラフルで豊富な野菜〕
a0215666_10182191.jpg

〔お店にいたオバチャンと〕
a0215666_10192669.jpg

ダルバール広場は外人750ルピーの入場料をとる。高いぞ!!
〔カーラバイラウをかいてみた。ムハハ〕
a0215666_1021664.jpg

ネパールの旅でたくさんのことを知った。
食べ物、風習、自分が普段当然のように思っていることがすべて反対だった。

私が暮らしている日本では、当然のように電気がつきトイレは水洗で流れ、蛇口をひねれば水が出る。
ネパールにいるとこれらの当然あることがまるで恩恵のように思えてくる。
粗末なほったて小屋のような電気のつかない家で野菜を売っていたり、車や自転車に乗れるだけのったり、バスに自分の荷物を30分かけて積み込んだり。これらは生活するんだ!生きるんだ!というネパール人の力が伝わってくるものだった。

日本と同じだったのは人が優しいということ。笑顔が同じだった。
誰か困っていればなんだなんだと集まって話し合う。(時間があるとも言うが)

何が幸せかというのは国、人の考えかたによっても違うけれど、
誰もが自分と家族と今を大切に生きていけるといい。
ネパールの人のように強く、強く!
[PR]
by bluepop1450 | 2012-10-04 10:21 | 絵日記