パン以外でも様々なイラスト描いております!!描くのも食べるのも大好きです♪


by サト
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ネパールの旅(43) 7日目 カトマンズ その2

ネパールの旅を絵日記と写真でお届けします♪
2012年1月9日(月曜日)

PM4:30
ドゥワリカホテルへ。
重厚なドアを押してレストランへ入る。

さて、前回の乗り合いでタクシーに乗車してからこのホテル到着までには、1.5Hほどがかかった。

まずフジホテルへ再びのチェックイン。
相変わらず若いドアを開けてくれるホテルマン(に見えない)彼がいて、相変わらず微笑んでいなかった。
〔若いホテルマンの彼〕
a0215666_145110.jpg

そのあと雨は小止みになり、友人Kさんがおすすめというどゥワリカホテルへと向かうのである。

ホテルにタクシーを頼むと500ルピーとのこと。少々割高に思えたため自分でタクシーをつかまえることに・・・。ホテル前の細い道を歩いているだけで、タクシーに「乗っていけ、乗っていけ」と言われる。

少し歩いてついてきたタクシーのニーサンに交渉すると、350ルピーでホテルまで行ってくれるとのこと。早速乗り込む。(荷物シッカと握る)
なぜかニーヤンは運転席に一人、助手席にも一人。

こちらのニーヤンたちは、よく連れ立って同じ仕事をしている。
ヒマなんだろうか。

しばらくネパール会話集で会話を楽しむ(まぁ、ほんの少しであるが)

すると自分の話をしはじめた運転手のニーヤン、「絵を描いている」なんぞ言い出した。
「1000ルピーでどうだ」なんぞとも言っている。
絵のファイルまで取り出している。(取り出したのは描いていないほうの助手席のヤッチャ)

ふーむ、これで生計を立てているんだな?
ハラハラ、ファイルをめくると2枚ほどとーってもすてきな絵があった。
すかさずニーヤン、「これすごくいい!500ルピーでどうだ?」と言う。

うーーーん。でもこれ元々はいらないやつだしなぁ。
・・・だけどこの絵は素敵だった。
100ルピーでどう? と聞くとOKと言って丸めて輪ゴムでとめて渡してくれた。

ついでにもう1枚もどうだ?と言っているが、もういらんわ!


それでホテルまでたどり着いたというわけです。
タクシーのニーヤンたちは、遠くから「出てくるまで待ってるから!」と言っているようだった。
ほんとに待っていそうだなぁ、コワイコワイ。。
日本人はきっと金払いの良い、いいお客さんなんだろうなぁ。
〔ホテルでまずハーバルティを注文した。〕
a0215666_204499.jpg

〔ドゥワリカホテルの中庭。外の喧騒はどこへやら。美しいです〕
a0215666_22030.jpg

[PR]
by bluepop1450 | 2012-09-11 02:02 | 絵日記